エンジニアスクールで学べることとは

IT社会について、ある経営者が語っているのが今必要なのはICを理解して操ることが出来るエンジニアだということです。

ICが活躍する社会は、人間がいらないということではないのでしょうか。アナログな世界で言えば、人間の心がわかるエンジニアが必要だということです。エンジニアスクールは、まさにパソコンのプログラムやWebをデザインする人を養成する学校です。スクールで学ぶことで一定レベルのICの知識を知ることによって、色々な分野での活躍が期待できます。人間でなければできないエンジニアスクールは、様々な社会の在り方を変えていくでしょう。

ICが人の仕事を奪っていくのではなく、単純な仕事に人間を配置していることが無駄になるということです。ICの覚える動作は、人間がまねのできない世界です。自動運転の車は、プログラムの作成さえ間違えなければ、事故発生の確率はひとしくゼロに近づくでしょう。そのために特殊なビッグデータの取得に企業は大きな期待を抱いています。

間もなくやってくるICが、すべての業務に携わる社会で大切なのは人の世界に習熟しているエンジニアの存在です。彼らの力がなければ、ロボットもできませんし行動を制御することもできません。スクールが必要なのは、人間学を学ぶことが大切だからです。機械ができることは機械に任せて効率を重視するが、それを操作して行動を読み取る力がある人の養成こそスクールの意義となるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *