ITエンジニアのスクールについて

「ITエンジニア」と呼ばれるコンピュータ関連職を目指すためには、専用のスクールへ通うことをおすすめします。

しかし、その前にITエンジニアの各職種について知っておく必要がありますので、おおまかに説明していきたいと思います。ITエンジニア(以後はエンジニアをEとします)には大きく6つの職種があります。システムの設計を担う「システムE(SE)」、システムを動かすプログラムを記述する「プログラマー」、ネットワーク環境の設計・構築を担当する「ネットワークE」、サーバーの運営・管理を行う「サーバーE」、データベースの設計・管理を担う「データベースE」、情報セキュリティの専門家「セキュリティE」の6種です。

上記の各職種について必要な知識が上手くまとめられていて、効率よく学べるようなカリキュラムを組んでいるスクールを選ぶと良いでしょう。また、各職種ごとに重点的に学ぶべき知識やスキルが異なるので、自分にとって必要な内容のみを学べるプランが組まれているかどうかも重要です。

就職・転職の際には、資格を持っていると有利になるので、資格取得への支援体制が整っているかどうかについても着目したいところです。資格対策講座や資格取得支援を利用すれば、短時間での取得も可能となります。最後に、就職・転職のサポート体制が整っていることもスクール選びの大切な要素となります。いわゆる「就職に強い」と言われるスクールを選ぶと良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *