プログラミングのスクールを卒業後派遣社員に?

プログラミングのスクールを出た後は、派遣や契約社員・アルバイトなども検討しましょう。

景気が回復してきており、就職売り手市場になってきていると言われていますが、やはり中途で正社員になることは難しいです。少子高齢化などの影響で、新卒は特に売り手市場です。企業は優秀な人材を確保するために新卒採用に力を入れています。中小企業などは新卒採用だけでは人材を確保しきれないので、中途採用にも力を入れます。

そのため、現在は中途採用からでもITエンジニアになれるチャンスです。とはいっても、未経験からいきなり正社員になるためのハードルは高いです。プログラミングのスクールを出ている人は全くの未経験者に比べて知識と経験があるので、いくらかは優遇されると思われます。しかし、数か月のプログラミングスクールの経験がそれほど大きく影響するわけでもなく、ほんの少し有利になるという程度かもしれません。

そこで、派遣や契約社員・アルバイトでもいいのでとにかくITエンジニアになるという選択肢がおすすめです。正社員に比べて非正規は責任が重い仕事をまかされにくく、スキルが向上しないという意見があります。たしかにそういう側面はありますが、ITエンジニアなどの技術職の場合には非正規でもスキルを上げることができます。大切なことはどのような仕事でも積極的にとりくみ、先輩や同僚などとのコミュニケーションを頻繁にとって情報交換することです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *