プログラミングスクールには2種類があります

ビジネスマンにとってこれからの時代にプログラミングスキルを身につけておくことは大きな意味があります。

週刊誌などでは「将来なくなる職業」という見出しを見かけますが、人間ではなくロボットが仕事をする時代を見越しているからです。昔の漫画の世界に描かれていたことが現実になりそうですが、その真偽はともかくIT関連の業種が重要視されることは間違いありません。その一つにプログラミングがあります。昔でしたら、理系の人だけに必要な仕事でしたら、今後は理系とか文系に関係なく重要視されてきます。ビジネスマンはそのスキルを身につける必要があります。

しかし、簡単に身につけられるものではありませんのでスクールを利用することになります。選ぶ際には注意することがあります。プログラミングスクールと言いましても2種類があります。一つはオンラインで学ぶ方法ですが、わかりやすく説明しますとネットを活用して勉強する方法です。この方法のメリットは場所と時間に縛られないことです。反対にデメリットは自己管理が求められることに尽きます。

あと一つは通学する方法ですが、この方法にもマンツーマン式と多受講生式があります。マンツーマン式とのメリットは講師を独占できることです。つまりわからないときにすぐに質問したり教えてもらえますのでストレスが溜まりません。多受講生式のメリットは仲間がいますので挫折を防げるということです。意外にこれは重要なことで仲間がいますと支えあって乗り切ることができます。スクール方式にいろいろな面がありますのでそれらをきちんと理解してから選ぶことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *